ラッコツールズの使い方

ブログ

ラッコツールズの使い方を画像で徹底解説!ライバルサイトを丸裸に【完全版】

キーワード選定する時にラッコツールがいいって聞いたんだけど…?
ラッコツールズの「見出し抽出」機能のことだね。じゃあ使い方を説明していくよ。
とろろ

 

ブログを書いていく時にはキーワードを探す作業は必須です。いざキーワードが決まった後、簡単にライバルサイトの調査をしたい。。

今回はそんなめんどくさいけど絶対やったほうがいいライバルサイトの調査を簡単にする『ラッコツールズ』について画像付きで解説していくよ!

 

本記事の内容

  • ラッコツールズとは?
  • ラッコツールズの見出し抽出機能の使い方

 

 

ラッコツールズとは?

ラッコツールズとは

株式会社シンクラフト(ThinKraft, Inc.)が運営している「サクッと使える」Webツール達

主なツールとしてはこんな機能があるけど、今回は僕が使っている『見出し抽出』機能の使い方を紹介!

 

主なツール

  • 見出し抽出
  • 文字数カウント
  • OGP確認

 

ここから見出し機能にアクセス出来るよ!

https://rakko.tools/tools/3/

 

ラッコツールズの見出し抽出の使い方

ラッコツール画面

 

画面はこんな感じ。

 

画面説明

  1. ラッコ
  2. 抽出する見出しタグ
  3. キーワード入力
  4. URL入力
  5. 結果表示

 

流れをざっくり説明していくよ!

 

流れ

  • キーワードを入れる
  • 抽出した見出しのcsvをダウンロード
  • スプレッドシートを使って見やすくする

 

 

キーワードを入れる

抽出したい見出しタグはh3もしくはh2までで十分なので、今回はデフォルトのh3までで抽出していきます。

 

今回は「ブログ 書き方 初心者」というキーワードの調査をする。

キーワードを入れて検索

 

画像の様にキーワードを打ち込んだら「検索上位サイトから抽出」ボタンをクリック。

 

抽出した見出しのcsvをダウンロード

csvを抽出

 

結果一覧がこのように出てきます。この画面でもひとつひとつ見ていくことは出来ますが、ひとつひとつ見ていくのはかなり手間。

なので結果一覧の右上の方にあるcsvダウンロードボタンをクリックしてcsvをダウンロードしましょう。

 

スプレッドシートを使ってcsvを見やすくする

ダウンロードしたらスプレッドシートを開きましょう。

スプレッドシートとはGoogleが提供している無料のエクセルのようなもの。

 

 

スプレッドシートを開いて新しいスプレッドシートを作ったら、左上のファイルボタンからインポートをクリックして

スプレッドシートでインポート

 

さっきダウンロードしたcsvファイルをアップロード

アップロード

 

そうしたらスプレッドシートを置換するを選択してデータをインポートするボタンをクリック

インポート

 

こんな感じで抽出された見出し一覧が出てきます。ちょっと幅が見づらいのでB~Kまで選択して幅をちょっと調整する。

幅調整

これでライバルサイトの見出し一覧が完成!なんとURLやメタディスクリプションまでついてくるおまけ付きです。

 

ラッコツールズ単体ではメタディスクリプションまで表示されないのでスプレッドシートを使わないと損ですね。。。

 

小技

スプレッドシートには利点もあります。ちょっと小技を紹介しますね。

スプレッドシートの検索ウィンドウを開きます。

検索ウインドウの開き方

Windows:Ctrl+F

Mac:⌘+F

 

そうしたらキーワードを入力。

はい。これでライバルサイトの見出しにどれくらいキーワードが含まれているかこれで一目瞭然ですね。

 

検索ウィンドウ

 

これは有料級の情報ね…

 

ライバルサイトのチェックが終わったら記事を書こう

記事を書く

あとは自分の記事構成に沿って記事を書いていくだけです。

初心者向けの記事の書き方はこちらで解説しています。

 

 

まとめ

今回は「ラッコツールズ」の使い方について解説しました!

最後にかるくおさらい

おさらい

  • ラッコツールズ見出し抽出機能にアクセス
  • キーワードを入れて検索して
  • 抽出した見出しのcsvをダウンロードして
  • スプレッドシートを使って見やすくして
  • 必要があれば検索ウィンドウで調べる

 

良きキーワード選定ライフを!!!

スポンサーリンク

-ブログ
-,

Copyright © TORO LOG , All Rights Reserved.